TOP > 美容外科 > 美容整形 > 鼻整形 > 傷が分からない鼻整形

傷が分からない鼻整形

どうやっても隠す事ができない鼻に手術を行うと、切開した部分が傷となってしばらく外出できない様な状態になってしまうのではないか、という事で心配している人もいる様ですね。

きれいになるために鼻整形を行うのに、傷跡が残ってしまっては困りますよね。

そこで、鼻整形において切開が必要なものは見える部分からではなくて、鼻の穴の部分から切開を行う様です。

これであれば、傷口自体が見えないので、もしかしたら腫れさえ何とかなればすぐにでも外出できるかもしれません。

美容目的で行われている手術というのは、きれいになれる様に、いろんな箇所で工夫や改良が加えられています。

術後の傷について心配する事なく手術を受けられますね。

鼻整形に関する記事

ヒアルロン酸を利用した鼻整形

ファッションモデルのように美しい鼻を作り上げたい時に役立つのが、隆鼻という鼻整形の手術法です。ヒアルロン酸などを鼻に注射する事によって、思い通りに鼻筋の形を変える事ができるために、現在では多くの方々が手術を受けています。

メスを入れる必要もありませんから、傷跡の目立ちやすさも気にしなくて済みますし、ダウンタイムの短さでも優秀です。左右の目の間から鼻筋を大きく見せる事によって、鼻の存在感を出す事もできて、顔の印象を変えやすい手術法です。ヒアルロン酸は数年で体内に吸収されるために、定期的に違う形の鼻を作り出したいという人にも向いています。

切らずに鼻整形ができる

最近では芸能人でも鼻を高くしたり先端を細くしたりしている人が増えていて、憧れる方も多いと思いますが鼻整形というと、どうしてもメスを入れて鼻に遺物を入れないといけないというイメージがあり不安になってしまいます。

でも、最近ではヒアルロン酸を注入するだけで鼻を高くする施術や体内で溶ける糸を使って鼻先を尖らせたり鼻筋をはっきりさせる施術で、切らずに鼻整形を行う方が増えています。これらの施術であれば施術時間がとても短く、ダウンタイムも少なくてすみ、仕上がりもとても自然になるので周りの視線も気になりません。

中央にある鼻整形の重要性

顔の一番大きなポイントと言うと、目を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実は位置的に中央にある鼻がもっとも顔の美醜に影響を与えています。正面から見た場合、鼻の高い低いよりは、すっと鼻筋が通っているかどうかのほうが重要となります。

たいていは隆鼻術(シリコン等で鼻自体を高くする鼻整形)と、鼻翼縮小(ふくらんだ小鼻や鼻の穴をすっきりと小さくする鼻整形)を組み合わせて行います。最近では低リスクの施術も増えているため、顔に悩んで整形を考えている方は目よりもまず鼻を整えることを考えてみてはいかがでしょうか。

鼻を高くして立体感を出す鼻整形

鼻が低く立体感のない顔を解消したい場合に便利なのが鼻整形です。鼻筋を高くするタイプの鼻整形は大きく分けると2種類あり、ヒアルロン酸などの成分を注入して高さを出す方法と、人工軟骨のシリコンプロテーゼを挿入する手術が一般的です。

シリコンプロテーゼを挿入する場合、鼻の穴の内側を小さく切開してから鼻筋に沿うように挿入します。外科手術が必要ですが、切開部分は鼻の中なので、傷跡は目立つ心配はありません。費用はヒアルロン酸注入より高くなりますが、半永久的な効果があり一度施術を行えば、ずっと鼻の高さを維持できるようになります。

メニュー

TOP   豊胸    鼻整形   二重整形    二重整形大阪   二重まぶた    脂肪吸引   美容整形    美容外科   隆鼻術(鼻整形)    脱毛

豊胸手術、脂肪吸引、二重整形(二重まぶた)、鼻整形(隆鼻)などの美容整形の情報を参考に大阪、東京の美容外科探しにご利用ください。

美容外科クリニックの医師が作成したものではありません。間違っている箇所があるかもしれませんのでご了承ください。豊胸手術、脂肪吸引、二重整形(二重まぶた)、鼻整形(隆鼻)などの美容整形の情報は参考程度にご利用ください。