TOP > 美容外科 > 美容整形 > 豊胸

豊胸

豊胸と乳房再建手術

豊胸手術とは胸のサイズを大きくしたり形を整える手術ですが、同じような手法で乳房再建手術も行われています。

乳房再建手術とは乳がんで失った乳房を取り戻す手術です。

乳房と取り戻すことで、日常生活の不都合だけではなく、喪失感が解消されるなど精神面でも大きな効果があると言われています。

再生豊胸手術では自分の体の脂肪の一部分を胸に移植する脂肪注入法や、人工乳腺法などが用いられます。

豊胸術を受ける時の注意

今では豊胸術の施術自体もとても技術・品質ともに向上してきており、おおがかりな手術が必要というイメージはなくなりつつあります。しかし、そうはいっても豊胸術は美容整形であることに変わりはなく、一歩間違えれば危ないこともあります。

そういった後のトラブルを防ぐためにも、病院から注意された点は必ず守るようにしてください。また術後に痛みが出た場合や、本来腫れが引いている時期なのにまだ腫れが残ってしまっているような場合には勝手に自分で「大丈夫だろう」と判断してしまわずに、必ず病院へ相談してください。そういった油断が大きなトラブルにつながる場合があります。

豊胸手術に関する記事

部分痩せと豊胸術なら

部分痩せと豊胸術を検討しているならvaserを取り入れているクリニックがおすすめです。vaserは豊胸に適した脂肪が吸引できるので、脂肪注入でも持続性をもたせたバスト形成ができるようです。またvaserを使うことで脂肪が少ない人でもたくさん脂肪がとれるので、その分大きなバストも可能になります。

もともとバストの9割りは脂肪で満たされているので、同じ脂肪をいれることで、本来の柔らかさはそのままに自然なバストに仕上げることができます。また同じ注入するシリコンは、多く入れることで問題が生じやすいため、ワンカップ程度のバストアップに利用されています。

豊胸術後も忘れてはいけない乳ガン検診

豊胸したあとも考える必要があるのが、乳ガン検診です。シリコンを注入したり、シリコンバックを挿入した後は、バレたくないと考える人も多いと思いますが、やはり検診は受ける必要があります。

術後、他の医療機関で抵抗があるようであれば、豊胸術もおこない乳ガン検診もうけられるクリニックがあるので、一度検査をうけてはいかがでしょうか。豊胸術にも詳しい医師ですから、何か心配ごとがあったら相談にものってもらうことができるはずです。ばれるのを恐れて検査をうけなければ、後々後悔するかもしれません。乳ガンに精通した医師がいる美容クリニックがおすすめです。

理想のバストは豊胸術で叶える

豊胸術には幅広い医療技術が取り入れられています。注入剤を使用するものや、切開しシリコンバックを挿入するものまで、理想とするバストに応じた施術がおこなわれています。注入にはヒアルロン酸や自分の脂肪がつかわれることが多いです。

また注入するタイプは、注射を打つことで簡単にバストアップが図れ、打つ場所を変えることで、谷間を寄せたり、量を調整することで左右の大きなを整えることも可能になります。またシリコンバックの挿入は、かなり大きなバストを望んでいる人に対応できるもので、脇の目立たないところを切開しておこないます。

メニュー

TOP   豊胸    鼻整形   二重整形    二重整形大阪   二重まぶた    脂肪吸引   美容整形    美容外科   隆鼻術(鼻整形)    脱毛

豊胸手術、脂肪吸引、二重整形(二重まぶた)、鼻整形(隆鼻)などの美容整形の情報を参考に大阪、東京の美容外科探しにご利用ください。

美容外科クリニックの医師が作成したものではありません。間違っている箇所があるかもしれませんのでご了承ください。豊胸手術、脂肪吸引、二重整形(二重まぶた)、鼻整形(隆鼻)などの美容整形の情報は参考程度にご利用ください。